日々のこと

【Googleハングアウト】オンライン飲み会におすすめの無料ツール

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、Web上で集まって飲み会をするという流れが広がってきています。

その中で最も話題になっているのは、Zoomではないでしょうか?しかしながら、Zoomは複数人でWebミーティングを使用と思うと有料会員以外は、40分以内と時間制限があります。

時間制限なく利用できる質の高いWeb会議ツール「Googleハングアウト」をご紹介します。オンライン飲み会におすすめのサービスです!

Googleハングアウトとは

Googleが提供しているコミュニケーションサービスです。Googleのアカウントさえ所持していれば誰でも気軽に使用することができるサービスです。

Googleのアカウントは恐らくほぼ全員が所持しているのではないでしょうか?

Zoomのように新しいサービスを利用しようと思うと、メールアドレスや個人情報を登録する必要がありますが、Googleの提供しているサービスのため、たいていの人が既存のアカウントで利用することができます。

Googleハングアウトで利用できるサービス

Googleハングアウトで利用できるサービスは、大きく分けて3つです。

  • ビデオハングアウト
  • 通話
  • チャット

通話とチャットに関しては、LINEを使用している人が多いので、利用する機会は少ないと思います。

最もおすすめしたいのが「ビデオハングアウト」です。1対1もしくは複数人でのWeb会議が可能です。また、音声・画像共に質も高く、問題なく利用できます。

Googleハングアウトの利用方法

Googleハングアウトはパソコン・スマートフォンで利用できます。それぞれの利用方法をご紹介します。

Googleハングアウトのパソコンでの利用方法

ブラウザを開き、Googleにログインします。(私はGoogle Chromeを使用しています。)

右上のGoogleアプリを選択するところをクリックして、その中から、「ハングアウト」という緑色のアイコンをクリックします。

初めて利用する時は、簡単な説明が表示されます。それを確認したら、利用可能です。

連絡先の追加

新しく連絡先を追加する時は、相手にGoogleのメールアドレスを確認する必要があります。メールアドレスを上の欄に入力すると、メールアドレス・名前・不明のいずれかが表示されます。選択するとチャットが開かれます。

送信をクリックすると相手に、申請されます。相手が承認すると登録されます。

後は相手の名前を選択して、ビデオハングアウトを開始します。

グループの作成方法

グループを作成して、複数人でWeb会議をすることができます。検索欄をクリックすると新しいグループという表示が出るので、クリックします。グループを作成したら、参加する人を追加していきます。

グループに参加する人は、グループに所属していれば、誰でも招待できます。

ビデオハングアウトの利用方法

ビデオハングアウトの利用方法は2つあります。1つは連絡先やグループを選択して、そこからビデオハングアウトを開始する方法です。

グループの場合、チャットを開くと左上にビデオのアイコンが表示されているので、ここをクリックするとビデオハングアウトが開始されます。

もう1つのビデオハングアウトの利用方法は、ホーム画面から利用できます。ビデオハングアウトをクリックすると、ビデオハングアウトが開始されます。

自分のビデオハングアウトを開始した状態で、名前やメールアドレスを入力すれば、会話したい人を招待することができます。また、共有リンクをコピーして、そのリンクを複数の人に配布すれば、共有リンクを知っている人は、参加が可能です。

Googleハングアウトのスマートフォンでの利用方法

オンライン飲み会をするのであれば、できればPCを利用する方がいいですが、スマートフォンからでも利用が可能です。

スマートフォンから利用する場合は、アプリをダウンロードする必要があります。スマホアプリは「ハングアウト」という名前です。(iPhone/android)

使用方法はとても簡単です。アプリをダウンロードして、Googleのアカウントでログインするだけです。他の操作方法や利用できるサービスはパソコンと変わりません。もちろんiPadでも利用できます!

オンライン飲み会におすすめ

早速、話題のオンラインで友人と話してみました!

ベルリンに住んでいる友人と3人で試してみましたが、音声も画質も良くて快適でした。Googleのアカウントは誰でも持っているので、登録なしですぐに利用できるのが、ありがたいです。

運営しているのがGoogleということもあり、ネットワークの状況も安定しています。SkypeやZoomなど様々なシステムがありますが、Skypeより通信状況はいいと感じました。

人数が多くなればなるほど、声がかぶって聞き取りづらくなる可能性はありますが、気軽に友人に会いづらい状況では、重宝します。

また写真友達のレタッチを見せてもらいましたが、画面共有サービスも見やすくてよかったです!

ただし、Googleハングアウトでは画面の割り振りを均等にすることはできません。基本的には会話をしている人が1番大きく映ります。均等に画面を分割できればなお良いのですが、十分便利です!

まとめ

直接会うことのできない相手と気軽にWeb上でビデオ通話ができる便利なシステム「Googleハングアウト」でした。

当初は話題のZoomを利用したいと思っていましたが、友人に教えてもらって利用してみたところ、とても便利で快適でした!

残念ながら、2020年6月にサービスが終了されると発表されていますが、代わりに使えるサービスが提供されるのではと言われています。

外出自粛が行われている中で、誰とも話さずにいるとしんどくなるので、オンライン飲み会やお茶会をしてみてはいかがでしょうか?楽しくて、気持ちが楽になります。

こちらの記事もおすすめ!