宮城

【宮城蔵王キツネ村】ふわふわもこもこのキツネに出会える

蔵王キツネ村

白い雪の中を走り回る可愛いキツネの写真を見たことがありますか?北海道では運が良ければ見ることのできる光景です。

しかし宮城県では確実にそれを見ることができる施設があります。

その名も『宮城蔵王キツネ村』です。身近にキツネを見ることのできる貴重な場所をご紹介します。

宮城蔵王キツネ村とは

宮城蔵王キツネ村』は、宮城県白石市北西部にある、キツネを中心にした動物園・テーマパークです。管理された園内では、100匹以上のキツネがいます。

放し飼いにされている園内では、間近でキツネを見たり、餌やりをすることもできます。エキノコックスに感染していないキツネを飼育していて、間近でキツネを見ることのできる貴重な施設です。

エキノコックスって?

エキノコックスとは寄生虫の名前です。

エキノコックスが原因で引き起こされるエキノコックス症という病気は親虫を宿すキツネやイヌの糞とともに排出された卵が、ヒトの口に入り肝臓等に幼虫が寄生することで発症します。感染してから症状が出るまでに、10年前後かかり、治療には手術を受ける必要がある病気です。

北海道では多くのキツネがエキノコックスを所持しています。エキノコックス症の予防のために、キツネに近づかないように言われています。

『宮城蔵王キツネ村』ではエキノコックスに感染させない万全の体制で飼育されています。そのため、近くでキツネを見ることができる貴重な場所です。

近くでキツネを見ることができる園内

宮城蔵王キツネ村の園内に入るとたくさんのキツネが放し飼いにされています。

入口には注意書きがたくさん書かれていて、気を付けないとキツネに噛まれることもあります。またキツネは私が想像していたより大きくて、少しドキドキしながら過ごしていましたが、普通に過ごす分には危険なことは全くありません。

冬場に訪れるとキツネは冬用でもこもこふわふわでとっても可愛いです。白い雪の上を走り回ったり、雪が降りしきる中眠る姿がとても可愛いです。

1ヶ所餌やりができる場所があります。近くで手渡しでとは行きませんが、高い場所から下に集まるキツネに餌をやることができます。餌を手に持っていると上目遣いで見上げてくれる姿がとっても可愛い!!!

ぜひお気に入りの子に餌をあげてください!

※餌やりは原則土日のみ

宮城蔵王キツネ村の注意点と時期

宮城蔵王キツネ村の注意点

  • キツネに触ることはできません
    とっても可愛いので触りたくなるかもしれませんが、触れるのはNGです
  • 通路以外は立ち入り禁止
    少しわかりづらいかもしれませんが、夢中になって通路以外に立ち入らないように気をつけてください
  • 座り込みは厳禁
    しゃがみこんでいるとキツネが集まってきて、危険ですので、しゃがんでの撮影には注意が必要です

1番重要なのが、放し飼いにされているキツネには触ることができない点です。

もしキツネと触れ合いたい人は1日2回11時と14時にだっこ体験をされているので、それに参加してみてください。

季節によって異なるキツネたち

  • :赤ちゃんキツネが誕生する季節
      可愛い赤ちゃんのキツネを見ることができます
  • :緑が綺麗な季節
      夏毛のキツネはしゅっとスマートです
  • :紅葉の季節
      綺麗に色づく木々や落ち葉とキツネを見ることができます
  • :雪が積もる季節
      冬毛でもこもこのキツネたち、でも繁殖期なので、ケンカで傷だらけのキツネも

季節ごとにキツネの様子は異なります。

おすすめしたのは白い雪の中をふわふわのキツネが走り回る冬です!

ただし、繁殖期でケンカも多発しています。

ケンカでケガをしているキツネもいます。何度もケンカしている姿を見かけました。逆に言うとケンカする姿はかっこよくもあるので、それはそれでいいかなと思ったり。

どんなキツネが見たいか、自分の見たい季節に訪れてみてください。

宮城蔵王キツネ村の入場料・アクセス・営業時間

宮城蔵王キツネ村の入場料

大人:1,000円
小学生以下:無料(大人1名につき子供1名の入場可)

安全を配慮して、子ども1名に大人1名の付き添いが必要です。

宮城蔵王キツネ村のアクセス方法

■住所: 〒989-0733 宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

バスでアクセスする方法もありますが、時間が限られてしまうので、車で訪れるのがおすすめです。駐車場は広く満車で停めれないということはまずありません。

当然ですが、冬場は雪が降り積もるため、スタッドレスタイヤが必須です。

宮城蔵王キツネ村の営業時間・定休日

■営業時間

  • 冬季:12月1日~3月15日  9:00~16:30 (最終入場15:30)
  • 夏季:3月16日~11月30日  9:00~17:00 (最終入場16:30)

■定休日:水曜日 (祝日は営業・2月は定休日なし)

事前にHPで休みと営業時間を確認しておくと安心です。

まとめ

街中からは離れていますが、キツネを近くで見ることのできる貴重な場所です。私はもこもこのキツネがどうしても見たくて、訪れました。

とても可愛くて、写真も撮れて大満足でした!本当に行ってよかったです。

仙台市内から約1時間で訪れることができるので、車があれば意外と行きやすいです。ぜひもこもこのキツネに会いに行ってみてください!