お土産

ドイツでお土産を購入するならスーパーがおすすめ!各スーパーの特徴比較

旅行に行ったら必ずスーパーに行くというほどスーパーが大好きです。海外旅行に行った時もスーパーに行ってお土産を購入していました。

ドイツに住んでいた時は日常的にスーパーを利用していたので、ドイツのスーパー事情は知っています!

ドイツにどんなスーパーがあるのか、お土産を購入するのなら、どこのスーパーがおすすめかご紹介します。

ドイツのスーパーマーケット

ドイツのスーパーマーケットは大きく分けて4つに分けることができます。

  • 一般的なスーパーマーケット
  • ディスカウントスーパー
  • オーガニックスーパー
  • ハイパーマーケット

ハイパーマーケットについては大型のスーパーマーケットで街中ではなく、少し郊外にあることが多く、旅行で訪れることはないと思うので、他の3つをご紹介します。

ドイツの一般的なスーパーマーケット

ドイツの代表的なスーパーマーケットといえばこの2つです。

  • REWE(レヴェ)
  • EDEKA(エデカ)

日本にあるのと同じ、いわゆるスーパーで食品を中心に様々な商品が売られています。

REWE(レヴェ)

REWE(レヴェ)はドイツを代表するスーパーマーケットの1つです。店舗数は多く、ドイツ全土に展開しているスーパーマーケットです。

REWEのプライベートブランドは「ja!(ヤ)」という格安商品や「REWE BESTE WAHL」などがあります。パッケージにREWEの文字があるので、すぐわかりますが、安くて美味しいものが多いので、お菓子から食料品まで愛用していました。

REWEは駅にあるような小さな店舗から大型店舗まで規模は様々です。お土産を購入するなら、品揃えの多い、大型店舗がおすすめです。

EDEKA(エデカ)

EDEKA(エデカ)は1800年にベルリンで創業されたスーパーマーケットです。ベルリンと聞くだけで親近感!

ドイツ最大規模のスーパーマーケットで、他国にも展開しています。

REWEとEDEKAは系統や取り扱い商品はほぼ同じです。EDEKAにはEDEKAのプライベートブランドがあります。

店舗の大きさも様々でこちらもやはり大型店舗が品揃えも多くおすすめです。

EDEKAとREWEは好みが分かれるところですが、ドイツ旅行のお土産を購入するのであれば、似たような商品を置いているのでアクセスがいい方を選べばOKです。

個人的には両方同じ距離にあればREWEを選びます!

ドイツのディスカウントスーパー

お次にご紹介するのはドイツのディスカウントスーパーです。先ほどのREWEやEDEKAより比較的安い商品や掘り出し物が多く、お得に買い物ができます。

ただし、ドイツ土産を購入するには少し品揃えが少なめです。その分運が良ければ安くでお目当ての商品に出会うことができるかもしれません!

  • ALDI(アルディ)
  • Lidl(リドル)
  • Penny(ペニー)
  • Netto(ネット)

ALDI(アルディ)

Aldi(アルディ)はドイツのディスカウントスーパーの中でも人気のお店です。1913年にエッセン郊外で創業されたスーパーマーケットです。

70年代にアメリカのスーパーマーケット「Trader Joe’s」を買収したことで、アメリカや他の国にも進出しています。

ドイツのみならず様々な国に展開していることから、海外在住者にとっては身近なスーパーの1つかもしれません。

ディスカウントスーパーなので、安い商品もありますが、ディスカウントスーパーの中では、比較的綺麗で品揃えもいい方です。最初に住んでいた部屋の近くにあったのでたまに利用していました!パンも美味しかったです!

ちなみに私はドイツでALDI TALKというスマホのSIMカードを使用していました。

Lidl(リドル)

Lidl(リドル)は1930年代に創業されたAldiに並ぶドイツの大手ディスカウントスーパーです。

Lidl(リドル)は世界中にお店を展開しています。オーストラリア在住の方がLidlのチョコレートが美味しいとおっしゃっていました。

国によって取り扱い商品は異なるので、同じチョコレートは売られていませんでした。友人とよくピザのキットを購入してピザパーティーをしていました!

Penny(ペニー)

Penny(ペニー)はREWEのグループ傘下のディスカウントスーパーです。手頃な価格帯のディスカウントスーパーでありながら、プライベートブランドとしてオーガニック商品をがあったりと、安くてもいい商品もあるというスーパーです。

パッケージは違うけど、REWEと同じ商品が安くで購入できることもあるそうです。

一時期解体された鶏もも肉が売られていて、日本人界隈では話題になっていたスーパーです。(ドイツでは基本的に骨のついた肉がそのまま売られています。)

Netto(ネット)

Netto(ネット)はEDEKAのグループ傘下のディスカウントスーパーです。

最大の特徴はプライベートブランドではなく、既存ブランドをディスカウント価格で安く提供することです。

他のディスカウントスーパーはプライベートブランドが安さの売りの1つですが、Nettoは自社ブランド以外が安いことも多いです。

家の近くになかったので、私は2.3回くらいしか行ったことがありませんが、他のディスカウントスーパーより品揃えが良くて、いい意味でディズカウントスーパーっぽさが少ないように感じました。。

ドイツのオーガニックスーパー

言わずと知れたオーガニック大国ドイツ。どこのスーパーでも必ずBIO(オーガニック)の商品が数多く並びます。

その中でもオーガニックの野菜やお肉など様々な食品に加えて、日用品などもオーガニックの商品を取り扱っているのが、オーガニックスーパーです。

ドイツでは「Bio Supermarkt」と呼ばれています。

品質が高く、安心して利用できる商品がラインナップされているので、こだわりのある方におすすめのスーパーです。

  • Alnatura(アルナトゥラ)
  • BIO COMPANY(ビオ カンパニー)
  • denn’s Biomarkt(デンズ ビオマルクト)

Alnatura(アルナトゥーラ)

Alnatura(アルナトゥーラ)は1984年にドイツのDarmstadt(ダルムシュタット)で創業されました。

ドイツのオーガニックスーパーの中でも歴史があり、ドイツ全土に店舗を展開していて、スイスにも進出しています。

ドイツでビオ商品を買おうと思ったら、まずはAlnatura(アルナトゥーラ)に行きます!

店内は薄いグリーンを基調にしていて、雰囲気もよく生鮮食品からお菓子、調味料、化粧品となんでも売っています。

Alnatura(アルナトゥーラ)はプライベートブランドの商品が非常に豊富で、自社ブランドの商品が多数並んでいます。一般的なスーパーに比べると少し価格は高いですが、それほど高くもないので、こだわりを持って商品を選びたい方におすすめです。

野菜ははっきり言って普通のスーパーより美味しいです!!!!

BIO COMPANY(ビオ カンパニー)

BIO COMPANY(ビオ カンパニー)は1999年にドイツのベルリンのシャルロッテンブルクで誕生した比較的新しいオーガニックスーパーです。

現在、ベルリンに50店舗以上あり、ベルリンでは必ず見かけるスーパーです。一方でベルリン以外ではハンブルクやドレスデンと限られた都市に数店舗しかありません。

生活雑貨も充実しているお店です。

その時によりますが、BIO COMPANYはエコバッグのデザインが可愛いことが多いです。ベルリンを訪れた際はBIO COMPANYのエコバッグをチェックしてみてください。可愛いエコバッグはお土産におすすめです。

denn’s Biomarkt(デンズ ビオマルクト)

denn’s Biomarkt(デンズ ビオマルクト)は2003年にドイツのGeretsriedで創業されたオーガニックスーパーです。

創業からはまだ短いですが、店舗数はオーストリアを含めてすでに250店舗以上とドイツ全土に展開する大規模なオーガニックスーパーへと成長しました。

いろいろな都市にお店があるので利用しやすいです。

お土産選びにはドイツのスーパーがおすすめ

ドイツのスーパーってすごくたくさんあるんです。それぞれ特色はありますが、どこも日本にはない商品がたくさんあって、楽しいです!

ドイツに旅行に来た際はお土産を購入するのに利用してみてください。

ドイツ土産を購入したい人におすすめのスーパーはREWE(レヴェ)とEDEKA(エデカ)です。お菓子や食品などドイツブランドの品揃えが豊富です。

オーガニックのお菓子をお土産に買いたいという方はAlnatura(アルナトゥーラ)がおすすめです!プライベートブランドの商品はお手頃でパッケージもナチュラルで可愛いです!

何も買わなくても見ているだけでも楽しいので、ぜひドイツに来た際にはスーパーを訪れてみてください!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です