フィリピン

フィリピン人が大好きなフライドチキンとスパゲッティ「Jollibee」

「Jollibee」はフィリピンの国民食と言っても過言ではありません。

Jollibeeはフィリピン人の誰に聞いても大好きと答えるファーストフードです。フィリピンに行って、Jollibeeに行ったことがなかったら、もぐりです。

フィリピン人の誰もが大好きで、有名なJollibeeについてご紹介します。

Jollibee(ジョリビー)とは

JollibeeはフィリピンNo.1ファーストフードチェーンです。

マクドナルドがシェア1位をとれていない唯一の国がフィリピンです。それくらいJollibeeはフィリピン人に愛されているファーストフードです。ケンタッキーもマクドナルドもJollibeeの影響によって、フィリピン国内では、ジョリビーに似たメニュー設定になっています。他の国にはないジョリビーで人気なフライドチキンとごはんの組み合わせが他のファーストフードチェーンでも見ることができます。

ジョリビーはフィリピン中のありとあらゆる場所にありますが、どのジョリビーもいつも混雑しています。ファーストフードチェーンながら、フィリピンの国民食ともいえるジョリビーはフィリピンに来たら、行ってもらいたいお店です。

Jollibeeのキャラクターで、蜂をモチーフにしたMr.Jollibeeはフィリピンに来たことがある人は必ず見たことがあると思います。たまに、お店にきぐる…Mr.Jollibeeがいることもあります。

Jollibeeのメニュー

Jollibeeのメニューは店内のカウンター頭上に表示されています。

ラインナップは、ハンバーガー、ホットドック、スパゲッティ、フライドチキン、ハンバーグとサイドメニューです。

Jollibeeの最大の特徴はスパゲッティ!

ジョリビースパゲッティと呼ばれるパスタはフィリピン人が大好きな料理です。

柔らかくゆでられたパスタに、甘めのバナナケチャップで味付けしたソースがかかっています。ちなみに私は苦手です。いや、だいたいの日本人は苦手な味だと思います。でも名物なので、とりあえずトライしてみてもいいと思います。

ちなみにこのジョリビーパスタはフィリピンでは一般的な味なので、スーパーで売っているパスタソースでも似たような味を味わうことができます。

Jollibeeのフライドチキンとごはん

ジョリビーパスタに並ぶJollibeeの人気商品がフライドチキンです。私は今回お持ち帰りにしたんですが、フライドチキンには必ず、ごはんとグレービーソースが付いてきます。2ピースで165ペソです。

フライドチキンはしっかりと味がついていて、カリっと揚がっていて、美味しいです。衣はしっかりめです。そのままで食べても美味しいので、グレービーソースはお好みで付けます。グレービーソースは付けなくても十分です。

そして、Jollibeeフライドチキンを購入すると付いてくるのがごはん!フライドチキンとごはんの組み合わせはフィリピンでは定番です。ケンタッキーでもマクドナルドでもチキンにはごはんです。

でも私は正直苦手です。割とパサパサめのごはんをチキンと食べるのは、ちょっと厳しいです。なので、チキンだけいただいて、ごはんは翌日チャーハンにしていただきました。唐揚げとごはんは食べれるけど、なぜかフライドチキンとごはんは違うんだなー。

Jollibeeで1番おすすめピーチマンゴーパイ

ジョリビーで1番おすすめのメニューがピーチマンゴーパイです。

ピーチマンゴーパイはマクドナルドのアップルパイの半分くらいの大きさで、小ぶりなパイです。パイの生地はマクドナルドのアップルパイと同じタイプです。中にはとろとろのピーチとマンゴーのソースが入っています。ピーチとマンゴーの良さを引き出すソースが甘酸っぱくてめっちゃ美味しいです。しかも29ペソとお手頃。

もう少し大きめのサイズでもいいのにと思う美味しさです!おやつにぜひピーチマンゴーパイを食べてみてください!

まとめ

留学中に学校で、日本人ともフィリピン人ともよくジョリビーの話をしていました。英語で文章を作ってみるって時には、ジョリビーの話題の受けがいいです!笑

日本人は好きじゃないジョリビーのスパゲッティですが、フィリピン人はチキンもスパゲッティも大好きなんです。会話のネタにもなるので、フィリピンに行った際は1度は行ってみてください。

こちらの記事もおすすめ!