観光

ドイツの世界遺産ケルン大聖堂のおすすめ夜景撮影スポット

ドイツの世界遺産ケルン大聖堂は近くから見る景色も素晴らしいですが、川を挟んだ対岸からの景色が絶景です!!

ケルンに来たら必ず見たい絶景撮影スポットをご紹介します。

ケルン大聖堂とは

ケルン大聖堂

「ケルン大聖堂(Kölner Dom)」は、ドイツで4番目の都市にあたる「ケルン」にある教会です。1996年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

現在のケルン大聖堂は3代目にあたります。1248年から建設が開始されましたが、宗教改革による財政難や戦争などの影響で、たびたび建設が中断されました。その結果、建設開始から632年後の1880年に完成しました!ケルン大聖堂は、1880年から着工されて、現在も建設途中のサグラダファミリアよりもはるかに、長い歳月をかけて、造られました。

とケルン大聖堂については、これくらいにして、ケルン大聖堂を最も美しく撮影できるスポットをご紹介します。

ホーエンツォレルン橋を渡って対岸へ行く方法

ケルン大聖堂の夕景・夜景を最も美しく撮影することができるのが、ライン川をホーエンツォレルン橋を渡った対岸です。

ケルン中央駅から1駅電車に乗る方法もありますが、1駅乗っても歩かなくてはいけないのと、橋の景色も美しいので、ケルン中央駅から歩いて向かいましょう。

中央駅から橋に向かって、進んでいきます。中央駅の中から通り抜けることもできますし、中央駅南側の道からもアクセスできます。

川沿いに到着するとホーエンツォレルン橋の階段を上って、ホーエンツォレルン橋を渡ります。

ホーエンツォレルン橋のカラフルな愛の南京錠

ホーエンツォレルン橋のフェンスには、たくさんの南京錠が付けられています。恋人たちが愛を誓って、南京錠を取り付けて、川へと鍵を捨ててしまうのです。

ハート型のものや、赤やピンクのものなど、可愛い南京錠がずらりと並んでいます。

橋の場所によって、多少、南京錠が多い場所や少ない場所がありますが、ホーエンツォレルン橋のフェンス一面にずらりと南京錠が並んでいます。

カラフルな南京錠を眺めながら、ホーエンツォレルン橋を渡ります。

向かって左側から、橋を渡った場合は、ぐるりと道を回り込んで、反対側に行くと撮影スポットにたどり着けます。

ケルン大聖堂を上から見渡せるケルントライアングルパノラマ展望台(Köln Triangle Panorama)

ISO500 78mm F7.1 1/100秒

1つ目の撮影スポットが、ケルントライアングルパノラマ展望台(Köln Triangle Panorama)です。ケルンで8番目に高い高層ビルの屋上にある展望台です。

夕陽と夜景を撮影するために、パノラマ展望台を訪れました。

人気スポットなので、この日は30分程列に並んで中に入ることができました。エレベーターで上の階まで上り、そこから少し階段を上ることになります。

扉の外に出るとケルン市内を360度眺めることができます。屋上は屋根がありませんので、雨の日は不便ですが、ぐるりと一周ガラスの壁で覆われているので、小さいお子さん連れでも安心です。

ケルントライアングルパノラマ展望台からの景色

ISO100 46mm F11 30秒

夕陽に染まるグラデーションの空とケルン大聖堂の夜景は、まさに絶景です!!!

橋も明るくライトアップされていて、水面に夜景も移り本当に綺麗です。空の色が変わり始める時間帯から、撮影を始めて、街に灯りがともり夜景がきらめいていきます。

ISO100 48mm F11 30秒

あまりの綺麗さに1時間半くらい撮影していました!!

ここで撮影する時のポイントは2つ!

  • 三脚を使用する
  • ガラスの映り込み防止のレフ板を使用する

夜景を撮影する時は、三脚を使用する

明るい時間帯は手持ちでの撮影で十分ですが、暗くなってくると三脚で長時間露光する方が綺麗に撮影できます。川の水面も綺麗に撮影できます。

エレベーターの乗り降りに多少時間がかかるので、行列ができていますが、展望台自体は、広く、人の入れ替わりもあるので、それほど混雑していません。

十分に三脚を立てて、撮影することができるので、三脚をお持ちの方は、三脚を使用してください!

ガラスの映り込み防止のレフ板を使用する

展望台はガラスの壁で覆われています。その為、普通に撮影をするとガラスの映り込みがあります。ガラスの映り込みを防止するレフ板があるので、それを使用してください。

せっかくケルンまで写真を撮りに行くなら、映り込みを気にせずに撮影してください。

送料無料【57cmカメラ用レンズ穴付きレフ板(シルバー/ホワイト)】専用の収納ポーチ付き! 光を反射しながらのクローズアップ撮影が出来る!カメラや人物の映り込みも防止

ケルントライアングルパノラマ展望台の場所と営業時間

ケルントライアングルパノラマ展望台は、ケルン中央駅もしくはKöln Messe-Deutz駅から歩いてアクセスできます。ケルン中央駅からは、徒歩15分ほどでホーエンツォレルン橋の上からの景色も綺麗で気持ちがいいので、ぜひ歩いて向かってみてください。

日の長い時間は夜遅くまで、営業しているので、いずれの時期でも夕陽と夜景の撮影をすることができます!

  • 住所:Ottopl. 1, 50679 Köln
  • アクセス:ケルン中央駅から徒歩15分、Köln Messe-Deutz駅から徒歩3分
  • 料金:3€(12歳以下は無料)
  • 営業時間: 5~9月  月曜~金曜  11:00~23:00
                土日祝日   10:00~23:00
         10~4月  月曜~金曜  12:00~20:00
               土日祝日   10:00~20:00

ライン川沿いからケルン大聖堂を眺める

ISO100 51mm F11 30秒

2つ目のケルン大聖堂の夜景撮影スポットは、ライン川を挟んだ対岸の川沿いです。

ケルントライアングルパノラマ展望台から、川に向かって歩くとすぐにたどり着く事ができます。私は展望台と川沿いとどちらで、夕焼けを撮るか悩んで、展望台から撮影したので、今回は夜景の写真のみですが、夕焼けも綺麗なので、そのうちリベンジしたいと思います。

ライン川沿いは、遊歩道になっているので、ずっと歩くことができます。上の写真はカイザー・ヴィルヘルム1世の騎馬像(Equestrian Statue of Kaiser Wilhelm I.)のすぐ横の場所から撮影しました。橋と同じ高さから撮影すると川のリフレクションは減りますが、橋の存在感が増します。

ISO100 51mm F11 30秒

カイザー・ヴィルヘルム1世の騎馬像のところから、階段を降りて、川の近くから撮影すると川のリフレクションが綺麗に入ります。いずれの写真も三脚を立てて、長時間露光で撮影しています。

雰囲気が異なる写真が撮れるので、好きな場所で撮影してみてください。この場所は、人を入れて撮影しやすいので、ケルン大聖堂の夜景と一緒に撮るのにおすすめです!

ライン川沿いの撮影スポットの場所

ホーエンツォレルン橋を渡れば、すぐなので、迷わずに行くことができます。

目印はカイザー・ヴィルヘルム1世の騎馬像です。観光客が訪れるので、それなりに人気があります。もちろん川沿いは営業時間なんてものはないので、好きな時間に撮影できます!

おまけの撮影

ISO4000 92mm F4.0 1/30秒

私は帰りもホーエンツォレルン橋を歩いて帰りました。帰りは、ケルン大聖堂を眺めながら、帰ることができるので、至福の時です。

橋はしっかりと街灯があるので、ケルン大聖堂と歩く人や自転車の人を撮影することができます。街灯があるとはいえ、暗いので、ISOを上げる必要がありますが、これはこれで楽しかったです!

ホーエンツォレルン橋は人と自転車が通行しているので、自転車には注意してください。

まとめ

ケルン大聖堂の夕景と夜景のおすすめ撮影スポットをご紹介しました!

どちらも本当に綺麗で、ケルン大聖堂の美しさをさらに実感することができました。以前ケルン大聖堂に行った時は、この2つのスポットに行けていなかったので、嬉しかったです。

近くで見る迫力満点のケルン大聖堂もいいですが、少し離れてもその大きさと美しさは変わりません。せっかくケルンを訪れたら、ケルン大聖堂の中とセットで訪れてみてください!

こちらの記事もおすすめ!