スイーツ

【京都】月替わりの抹茶パフェが名物八坂神社目の前の喫茶店「金の百合亭」

京都に来たら食べたいと思うのが抹茶スイーツではないでしょうか?

京都=抹茶というイメージの人もいると思います。今回ご紹介するのは京都の街中、八坂神社の目の前にある喫茶店です。

金の百合亭はクラシックが流れる喫茶でありながら、毎月変わる抹茶パフェが名物です!可愛くて美味しい金の百合亭の抹茶パフェをご紹介します。

金の百合亭

「金の百合亭」は八坂神社の目の前、四条通りと東大路通りの交差点にあります。お店は2階にあるので、ぼーっとしていると通り過ぎてしまいそうになりますが、階段を上ると看板がお出迎え。

金の百合亭の店内

店内はそれほど広くありません。テーブル席とカウンター席があります。席数が少ないので、時間帯によっては待ち時間が発生します。その時はお店の前にあるタブレットで受付して、周りを散策しながら待つことになります。

窓際の席からは目の前に八坂神社を見ることができます。窓際の特等席は数が限られているので、座れたらラッキー!

もし空いていたらぜひ、こちらに座りましょう。

人で賑わう八坂神社を眺めながら、美味しいスイーツを食べることができます。

金の百合亭のメニュー

メニュー詳細はホームページに掲載されているので、そちらをご覧ください。

特筆すべき点はメニューの豊富さです。それほどキッチンは広くなさそうですが、めちゃくちゃメニュー多いです。コーヒーや抹茶系のドリンクだけでもすごい量ですし、パスタやカレーなどの料理からケーキ、和スイーツと種類豊富。

これだけ種類があれば、気になるメニューがないってことはなかなかないと思います。

  • チキンカレー 1460円
  • シフォンケーキセット 1000円
  • フレンチトーストセット 1130円
  • ぜんざい 790円
  • 抹茶パフェ 980円 etc…

※季節ごとに価格が変わる可能性がございます。

金の百合亭の抹茶パフェ

じゃじゃーん!!

なんと可愛い抹茶パフェでしょうか。

このビジュアルで、この場所で980円はかなりの高コスパではないでしょうか!

私が訪れたのは7月だったので、祇園祭をモチーフにした花傘のパフェです。シーズンごとに変わる抹茶パフェはどれも可愛くて、特に6月の紫陽花パフェが大人気です。ずっと紫陽花の時期に行きたいと思いながらも、結局行けていません。

見た目も凝っていますが、味も美味しいです。抹茶のババロアや寒天、アイス、スポンジと様々な素材が入っています。パフェは好みが分かれると思いますが、私好みのアイスと他のものがバランスよく入ったタイプのパフェです。

甘さも控えめで大きめのパフェですが、ペロリといただけます。

祇園周辺はパフェを提供しているお店がたくさんあるんですが、1000円以下でこのクオリティはなかなかないです。

お店の雰囲気はシンプルな喫茶店という感じなので、ザ京都という感じではありませんが、抹茶パフェ目当てであればおすすめです。

クラシックの流れる店内で、八坂神社を眺めながら抹茶パフェを堪能してみてください。

金の百合亭の場所と営業時間

場所は八坂神社の目の前。2階にあるので、見落とさないようにご注意ください。四条通が混んでいたら駅から5分以上かかることもあります。

  • 住所:〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側 292-2 2階
  • アクセス:京阪祇園四条駅から徒歩5分
  • 電話番号:075-531-5922
  • 営業時間:11:00〜18:00
  • 定休日:水曜日・木曜日
  • 公式ホームページ

まとめ

可愛い抹茶パフェの食べられる京都の喫茶でした。キッチンが狭いのか、提供までは少し時間がかかりましたが、許容範囲です。

京都で抹茶パフェを食べようと思う人は、ぜひ選択肢に入れてみてください。この周辺だと特に都路里が有名ですし、都路里も間違いなくておいしいんですが、金の百合亭も美味しいですよ。

何より混雑時も店頭のタブレットで申し込みをすれば並ばずに済むのが便利です。京都観光の合間に抹茶スイーツをどうぞ!

こちらの記事もおすすめ!