佐賀

1度は行きたいアジア最大級のバルーンフェスタ「佐賀バルーンフェスタ」のフォトスポット!

佐賀バルーンフェスタ

今年も昨年に引き続き佐賀バルーンフェスタに写真を撮りに行ってきました!

ぜひ佐賀バルーンフェスタに行ったことのない人に行ってもらいたいです!

今年は昨年と異なる場所2ヶ所から写真を撮ってきました。これで計3ヶ所から佐賀バルーンフェスタの気球を眺めてみたのですが、どこも全く雰囲気の違う写真を撮ることができて、本当に楽しかったです。佐賀バルーンフェスタはおすすめのイベントです。

そんな佐賀バルーンフェスタのおすすめ撮影スポットをご紹介します。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタとは

佐賀バルーンフェスタは、毎年11月初週に佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷をメイン会場として開催されるバルーン(熱気球)の国際的なフェスティバル(競技大会)です。参加するバルーンは約100機、大会期間中の来場者数は80万人を超えるアジア最大級の規模を誇るイベントです。

1978年から始まった佐賀バルーンフェスタはなんと今年で40回目でした!

実は日本全国いろいろな場所でバルーンフェスタは行われているのですが、この規模で行われるのは、日本では佐賀県くらいです。

佐賀バルーンフェスタではどんなことが行われるのか?

佐賀バルーンフェスタでは、様々なイベントが実施されます。他にもイベントはありますが、一般の方が楽しむことができるのは大きく4つ。

  • バルーン競技
  • バルーンファンタジア
  • 夜間係留
  • 気球教室など

バルーン競技

競技の種類は様々ですが、バルーン競技は速さを競うのではなく、正確性を競う競技です。決められたポイントに向けて、飛んで行って正確にマーカーを投下するのが基本です。どんな競技があるかは、こちらをご覧ください。

1日午前と午後の2回実施されますが、午後は風の影響が出やすく実施されることはまれです。見たい人は午前中を狙っていくと見れる可能性が上がります。

また、写真を撮るときも基本的には、午前中のバルーン競技を撮りに行きます!

バルーンファンタジア

午前のバルーン競技の後に、会場で実施されます。

人気キャラクターや可愛い動物たちのバルーンを会場で見ることができます。毎年様々な可愛いバルーンがあり、昨年話題だったのは、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』をモチーフにしたバルーン!今年はミニオンのバルーンが可愛くて印象的でした。

夜間係留

正式名称は「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」です。

夜に実施されるイベントで、暗闇の中、河川敷一面に広がったバルーンがバーナーの赤い炎に照らされライトアップされます。音楽に合わせて焚かれるバーナーによって照らされる色とりどりのバルーンが幻想的です。

午前中の競技から時間が空くので、なかなか見る機会は少ないかもしれませんが、昼間とは異なる光景を見ることができます。

ちなみに私はまだ見たことがないので、一度見に行ってみたいと思っています!

気球教室 など

佐賀バルーンフェスタで、昼間に行われるイベントです。会場で実際にバルーンを触りながら、パイロットやクルーと一緒にバーナーで熱風を入れて立上げ、その後の片付けまでを行う体験教室です。

1番気球のことをよく知ることができます。

その他にも、会場にはたくさんの屋台が出て、九州のグルメを楽しむことができたり、1日楽しむことができます!

佐賀バルーンフェスタを撮影!

昨年の分も含めて、3つのポイントから撮影した写真をご紹介します。

会場近くのリフレクション

まずは1番人気のスポットです。

こちらはバルーン会場の対岸の川沿いです。朝早くから大勢の人が待っています。私も早朝から場所取りをして、川に反射するバルーンを撮影することができました。バルーンが飛ぶのは風の影響が少ない日なので、たいてい風の影響を受けずに穏やかな水面に反射する気球を撮ることができます。

近くから一斉に飛び立つ姿を見ることができるので、初めての時はこちらの場所から見ることをおすすめします。ただし人が多くて、場所取りも大変なのが、少し大変です。

撮影場所

この写真は、会場の対岸から撮影することができます。川沿いまで降りれる場所を探して、川沿いから撮影します。

ふわふわと可愛い気球

こちらは少し離れた山の方から、望遠レンズで撮影しました。逆光に照らされながらたくさんのバルーンを眺めるのは幻想的で面白いです。望遠レンズは200mmくらいは必要です。なので、カメラで写真を撮る人以外は来ません。比較的空いていて、駐車場から写真を撮れるので、ラクチンスポットです!

でも風向きが悪いと撮ることができません。

バルーン製造工場

会場からそれほど離れていない場所で、水路に反射する気球と工場を撮影できる場所です。こちらの場所は、バルーンを作っている工場みたいで、可愛いです。

最近は人気のポイントなので、それなりに人は来ますが、明るい時間で手持ちでの撮影が可能なので、場所取りしなくてもある程度撮れます。

注意点

佐賀バルーンフェスタに参加するときに、1点だけ注意することがあります。

それは、天気予報の風速を確認することです!

気球は風の影響を大きく受けます。もちろん天気予報の風速が弱いからといって必ず飛ぶわけではないのですが、少なくとも風の予報が強いと飛ぶ確率はかなり低いです。また撮影スポットも風向きでどこがいいか変わるので、バルーンに乗る人になったつもりで、風を読みましょう!

まとめ

佐賀バルーンフェスタは11月前になると行きたいなーとなるイベントです。一斉に飛び立つバルーンの姿は圧巻です。泣きそうになるくらい感動的です。

九州は美味しいお店も、他にも撮影スポットもたくさんあるので、佐賀バルーンフェスタと併せて九州を満喫していただければと思います。

こちらの記事もおすすめ!