観光

ミュンヘン中央駅前のおすすめホステル「Wombat’s City Hostel」宿泊レビュー

Wombat’s City Hostel

ドイツの観光都市ミュンヘンに旅行に行った際に、オシャレなホステル「Wombat’s City Hostel」に宿泊してきました。

予約サイトで、共有スペースの写真を見て、泊まってみたいと思ったホステルは、駅から近く、お手頃で居心地がよかったです!そんなWombat’s City Hostelをご紹介します。

Wombat’s City Hostel

Wombat’s City Hostelはミュンヘン中央駅から徒歩3分ほどのところにあるホステルです。1999年にウィーンでオープンしたWombat’s City Hostelは、現在ベルリン、ウィーン、ベネチア、ロンドン、ブタペストに展開しています。

ホステルの名前の由来は、創業者がオーストラリアを旅行で訪れた際に、出会った人がWombats Backpackersという名前のホステルを経営する夢を半ばに亡くなったために、Wombatとホステルの名前に入れました。

ドミトリーと個室の両方がある使い勝手のいいホステルです。

Wombat’s City Hostelの設備・サービス

Wombat’s City Hostelのレセプション

入口から入るとフレンドリーなスタッフのいる受付があります。流暢な英語で説明をしてくれます。チェックインの際に、デポジットとして、何か預ける用にに言われました。私は持っていた日本の免許証を預けました。少しだけ不安になりましたが、もちろん問題なく、返ってきました!

たまたま行った時期がクリスマスだったので、クリスマスの飾り付けがあって、とても可愛かったです。

ドミトリーの室内

今回私はホステルのドミトリー(女性用6人部屋)に宿泊しました。

すでに、同室の人たちが部屋を使用していたので、多少ちらかっていますが、部屋は広くて、真ん中にテーブルがあって、荷物も広げやすいです。

ベッドのシーツは自分で準備をして、チェックアウトの際は、受付の横にあるランドリーボックスに返却することになっています。

アメニティはありません。ドライヤーは受付で借りることができます。

個人のロッカーがあって、ロッカーはルームカードで開けられるようになっていたので、とても便利でした。

Wombat’s City Hostelはドミトリーの各部屋にトイレとシャワーが付いています。6人部屋ですが、同室の人とシャワー浴びていいか確認しながら、使っていたので、問題ありませんでした。

ベッドサイドにはスマホを置けるくらいのスペースとコンセントが1つ、ベッドライトがあります。個人的には、コンセントは複数ある方がありがたいですが、充電しているものを置けるスペースがあるのが、使いやすかったです。

部屋は清潔で同室の人たちもみんな周りを気遣いながら、部屋を使用していたので、ぐっすりと眠ることができました。

1点気になったのが、Wi-Fiが遅いことです。使用する人が少ない時間帯はなんとか使えますが、夕方から午前中にかけて利用者の多い時間帯はほぼ使えませんでした。

1階のBarの無料券が付いてくる

嬉しいことに、チェックインの際に、1階のBarの無料券をもらえます。0.2Lのビールかワイン、コーヒーもしくはジュースと引き換えてもらえます。Barは遅くまで営業していて、賑わっていました!

共有スペースにも人は多かったですが、上の部屋まで音が響いてくることもありませんでした。ただし、2階の部屋を利用する場合は、少し音が気になるかもしれません。

大きな木のある天井の高い共有スペース

今回私がこのホステルに泊まりたいと思ったのは、この共有スペースを利用したかったからと言っても過言はありません。共有スペースは天井が高く、ガラスになっていて外から光が入ってきます。

2本の大きな木があって、ナチュラルで落ち着く空間になっています。広いソファにごろりと寝転がりながら、パソコンで作業をするとか最高です!!

キッチンはこの共有スペースの奥にあるので、自炊も可能です。とにかくこの共有スペースがよかったです。朝の時間帯は人が少なかったので、ゆっくりとくつろぐことができました。

コスパ抜群おすすめの朝食

Wombat’s City Hostelに泊まったらぜひ食べて欲しいのが、コスパ抜群の朝食です。朝食は追加料金を支払って利用します。

なんとその価格は5€!!めちゃくちゃ安いです!

ミュンヘンで5€の朝食を食べると考えるととてもコスパが良くて、品揃えもいいので、ぜひ宿泊する時には朝食を利用してください!

朝食を利用する場合は、受付で朝食の料金を支払うとコインをもらえます。青いコインを朝食の場所で渡すと朝食をいただけます。Barが朝食会場です。

朝食ビュッフェの内容は、ドイツの定番のラインナップです。ドイツパンにハムやチーズ、ミュズリー、フルーツ、野菜とシンプルですが、十分揃っています。

パンも美味しいし、ハムも数種類あるし、最高です!ドイツの朝食は種類が豊富で大好きです!!!

Wombat’s City Hostelの朝食で1番おすすめなのは、パンをプレスする機械です!食パンがあるので、食パンにチーズとパンを挟んで機械でギュギュっとプレスすると、熱々のホットサンドの出来上がりです。

カリカリのトーストととろりと溶けたチーズとしょっぱいハムがめちゃくちゃ美味しいです!ホットサンドはいくらでも食べれそうです。ゆで卵とハムを入れたり、トマトとチーズを入れたり、お好みの具材を挟んで食べてみてください。

5€と思えないほど大満足の朝食でした!Wombat’s City Hostelの朝食はまた食べたいです。

まとめ

Wombat’s City Hostelはミュンヘン旅行の際におすすめしたいホステルです。おすすめのポイントは3点!

  • 朝食が安くて美味しい
  • オシャレな共有スペース
  • ミュンヘン中央駅から歩いてすぐの立地

ミュンヘンに泊まるなら中央駅の近くに宿泊するのがおすすめです。Wombat’s City Hostelはミュンヘン中央駅から歩いてすぐなので、小雨が降っていても気にならない距離です。

朝ごはんも美味しくて、オシャレで綺麗で、スタッフもフレンドリーで泊まってよかったです。Wi-Fiだけもう少し改善されることを祈ります。

今回泊まった時は、同室の人たちがすごく雰囲気良くて、みんなでいろんな話をしてとても楽しかったです。たまたま1人で泊まっている人たちばかりだったので、居心地がよかったです!ホステルは他の人との出会いがあるので、1人旅の時は居心地の良いホステル探しをしてます。

そろそろ次の旅の計画を立てたいと思います!

こちらの記事もおすすめ!