観光

ドイツの定番!ディズニーのお城のモデル「ノイシュヴァンシュタイン城」の撮影スポット・行き方

ドイツ旅行に行く人の多くが、行きたいと考えている場所「ノイシュヴァンシュタイン城」。

かくいう私もノイシュヴァンシュタイン城を初めて訪れるまでは、憧れの場所で1度は行ってみたいと思っていました。

2度目ましてのノイシュヴァンシュタイン城に行ってきましたので、その場所とアクセス方法、撮影スポットについてご紹介します。

ノイシュヴァンシュタイン城とは

ISO100 51mm F8 1/100秒

ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)は、バイエルンの王ルートヴィヒ2世によって、19世紀に建築されたドイツのお城です。

この地方にあったシュヴァンシュタイン城にちなんで名づけられ、ドイツ語でノイ(Neu)は新しい、シュヴァン(Schwan)は白鳥、シュタイン(Stein)は石を意味します。直訳すると新しい白鳥の石の城となります。

ノイシュヴァンシュタイン城は、要塞としての城ではなく、ルートヴィヒ2世がヴェルサイユ宮殿などに憧れて、作品として製作されました。1869~1886年に建設され、完成後ルートヴィヒ2世が居住していましたが、間もなくルートヴィヒは謎の死をとげたとされています。

1886年に完成した時点では、お城は未完成の部分も残っていましたが、それ以降建設が再開されることはなく、現在も未完の城は、観光施設として公開されています。

ディズニーの「シンデレラ」や「眠れる森の美女」のお城のモデルになったと言われるお城で、ドイツロマンチック街道の終点として、大人気のスポットです。

ノイシュヴァンシュタイン城の行き方

ミュンヘンからノイシュヴァンシュタイン城への行き方は大きく2つ。

  • 旅行会社のツアーで行く
  • 電車とバスを利用して行く

ミュンヘンから旅行会社のツアーでノイシュヴァンシュタイン城に行く

私は初めてノイシュヴァンシュタイン城に行った時、ツアーを利用しました。

日本人の方は、ツアーを利用される方が多いのではないでしょうか。ツアーは費用がかかるのと、自由度は下がりますが、楽ということと、ノイシュヴァンシュタイン城の入城がセットになっていたりして、確実にお城に入ることができます。

ツアーに参加する場合は、ノイシュヴァンシュタイン城への入城が付いていて、ヴィ―ス教会がセットになっているプランをおすすめします。

ノイシュヴァンシュタイン城のツアーは人気のため種類も豊富なので、行程にあったものをWebサイトから選んでください。

ミュンヘン中央駅からバスで行くことができて、日本人のガイド付きのプランもあるので、安心で安全です!

ミュンヘンから電車とバスを乗り継いでノイシュヴァンシュタイン城に行く

ミュンヘンからは電車とバスを乗り継いで、ノイシュヴァンシュタイン城に行くことができます。

費用が安価で、自由度が高いのが電車とバスを乗り継いで行く方法です!

ミュンヘンからフュッセンまで電車で約2時間

ミュンヘンからフュッセンまでは、電車で約2時間です。「BRB(バイエルン地域鉄道)」を利用します。

直通の電車もあるので、直通が便利。直通はだいたい2時間に1本くらいで、1回乗り継ぎも含めると1時間に1本の割合で電車が走っています。片道23ユーロ。

電車の座席指定はありませんので、2時間乗車するので、早めに待機して座席をゲットしましょう!

フュッセンからノイシュヴァンシュタインまでバスに乗る

フュッセンからノイシュヴァンシュタイン城まではバスもしくはタクシーを利用しますが、バスの方が安いので、バスを利用しましょう。

バスのチケットは片道2.6ユーロで運転手さんから購入できます。

フュッセンの駅前にバスターミナルがあり、そこからノイシュヴァンシュタイン城行きのバスが出ています。ノイシュヴァンシュタイン城は人気スポットなので、バスの本数は多いです。

約10分でノイシュヴァンシュタイン城の最寄りのバス停に到着。

帰りも同じ場所からバスが出るので、覚えておいてください。ここからノイシュヴァンシュタイン城までは、徒歩もしくはバス、馬車を利用します。

ノイシュヴァンシュタイン城に入城したい方は、このバス停から歩いてすぐの場所にあるチケットセンターでチケットを確保する必要があります。

行列ができているので、この列に並んで入場の予約をすることになります。

なお、私は以前入ったことがあるのと、お城内は撮影禁止なので、今回はパス!

電車とバスを利用して、ノイシュヴァンシュタイン城に行くのは、同じような人がたくさんいるので、とても簡単です!お城への入城だけが難関ですけどね…。

フュッセンカード

フュッセンのホテルに宿泊するともらえる便利なカードがフュッセンカードです。このカードを利用するとフュッセンのバスは無料!観光施設の入場も割引されます。

フュッセンに宿泊される場合は、受付でもらうのを忘れないように。結構ペラペラの紙なので、大丈夫かな?って思いましたが、普通に使えました!

私はフュッセンに1泊したので、翌日フュッセンカードを利用して、ノイシュヴァンシュタイン城周辺をまわりました。

ノイシュヴァンシュタイン城を綺麗に眺められるマリエン橋(撮影スポット)

ISO100 29mm F9 1/25秒

この写真見たことありますよね。ノイシュヴァンシュタイン城を最も綺麗に眺めることができるスポットがマリエン橋です。

ノイシュヴァンシュタイン城から更に上がった場所にあります。シャトルバスを利用した場合は、シャトルバスを降りた場所で、ノイシュヴァンシュタイン城への道とマリエン橋への道が分かれています。

こんな感じで、看板がところどころにあるので、目印にして進んでください。

マリエン橋はこんな感じです。朝早い時間に訪れたので、ガラガラです。

マリエン橋は広さがあるので、すれ違いも余裕です。橋なので、人が歩くと多少揺れるので、三脚での撮影には注意が必要です。

橋の柵は高いので、子どもでも安心。柵には、ところどころに南京錠が付けられています。ヨーロッパに行くとよく見かけます!これいいのかなーと思いつつ、カラフルだったりハートのものもあるので、可愛いので良しとします。笑

ISO100 46mm F4 1/80秒

マリエン橋からはノイシュヴァンシュタイン城を横から見ることになります。

本当は正面から見たいんですが、ノイシュヴァンシュタイン城の正面は通常は見ることができません。スキー場のロープウェイを利用すると一瞬見ることができますが、気軽に見られるのはマリエン橋のみです。

雪が多い冬の時期には、マリエン橋が閉鎖されることもあるので、ご注意ください。

マリエン橋の場所

マリエン橋は、ノイシュヴァンシュタイン城からほど近い場所にあります。徒歩10分ほどです。歩いてアクセスしましょう。

ノイシュヴァンシュタイン城に自力で行くなら、バイエルンチケットがお得

バイエルンチケットは、ドイツのバイエルン州と一部の近隣都市の交通機関乗り放題フリーパス(1日券)です。

ミュンヘンからノイシュヴァンシュタイン城や、ニュルンベルク、オーストリアのザルツブルクなど広範囲で利用できて、とても便利でお得なチケットです。

人数2等席1等席2等席夜1等席夜
12638.52435.5
234592952
34279.53468.5
4501003985
558120.544101.5

ノイシュヴァンシュタイン城に電車とバスを乗り継いで行く場合、片道25.6ユーロかかります。片道の金額とほぼ同じなので、1日で往復するなら、絶対にバイエルンチケットがお得です。また複数人で旅行するとよりお得です!

バイエルンチケットの注意点

バイエルンチケットには、1日の中で有効な時間が決められています。

  • 平日(月曜日~金曜日):9:00~翌日3:00
  • 休日(土日祝日):0:00~翌日3:00

平日に利用する場合は、9:00からしか利用できません。朝早い時間から行動したい人は通常のチケットを購入する必要があります。誤ってバイエルンチケットを購入して、平日の朝早くに電車に乗車すると、罰金を支払うことになるので、ご注意ください。

まとめ

ドイツの定番スポット「ノイシュヴァンシュタイン城」について、ご紹介しました。

本当は、冬の時期に見ることができる霧氷とノイシュヴァンシュタイン城が撮りたくて行ったのですが、今年は暖冬でほとんど雪がなくて、残念でした。

ドイツにいる間に、緑・紅葉・雪のノイシュヴァンシュタイン城をコンプリートしたいと思っているので、また機会があればご紹介します!

もしノイシュヴァンシュタイン城に行く際は、すぐ近くにあるヴィ―ス教会が世界遺産に登録されていて、非常に美しいので、セットで訪れてください!

こちらの記事もおすすめ!