タイ

タイのSIMカード「AIS」を日本で購入して・すぐにスマホを使う方法

タイに旅行に行った際に、日本でSIMカード「AIS」を事前に購入していきました。AISのSIMカードは、とても快適で心の底から購入して行ってよかったと思ったので、ご紹介します!!

Wi-FiルーターとSIMカードを比較

以前は海外旅行に行く際には空港でWi-Fiルーターを借りて行くか、何も持たずに出かけていました。Wi-Fiルーターを借りるという方法もいいのですが、SIMカードを購入するという方法もあります。

それぞれ利点と欠点があるので、比較してみます。タイに旅行に行く際に、Wi-Fiルーターを借りた場合と、SIMカードを購入した場合の価格比較表です。

Wi-FiルーターSIMカード
料金/5日間通常プラン 995円458円(7日間)
通信容量1日300MB(計1.5GB)計3GB
使用できる台数複数台テザリング
電話番号なしあり

料金はSIMカードが安い

Wi-Fiルーターに関しては安いプラン・SIMカードは事前に日本で購入した場合で比較しました。SIMカードの方が安いです。およそ半額で利用することが可能です。

通信容量はSIMカードが多い

これは1番安いプランを選択したということもあります。そのため合計の通信容量はSIMカードの方が多いです。Wi-Fiルーターはプランを選択できるので、もし多くのデータ通信を利用したい場合は、料金を上げれば利用可能ですが、当然料金も高くなります。

どちらも複数台で利用可能

Wi-Fiルーターの最大の利点は複数台のスマホを同時に利用できる点です。

何人かで旅行に出かける際は、1台のルーターを借りて行けば、複数人で利用が可能ですし、みんなで料金を分担すれば価格も安くなります。ただし、ルーターに通信容量の制限がある場合は、複数人で同時に使用すれば、早く容量を超過してしまいます。その場合は人数で考えてプランを選ぶ必要があります。

SIMカードを利用した場合もテザリングを行えば、複数台のスマホを利用できます。ただし、テザリングを利用した場合、スマホの電池の減りがとても速くなるため、常時モバイルバッテリーで充電する必要があります。

SIMカードは電話も使える

SIMカードには無料通話も付いていて、電話番号が付与されています。そのため、タイで電話も利用できます。お店の予約をしたり、車をチャーターする場合は、電話番号があるととても便利です。

私も今回車をチャーターした際に、現地での電話番号を事前に連絡しました。

SIMカードは延滞料金がかからない

Wi-Fiルーターは返却する日にちを超過すると延滞料金が発生します。万が一フライトに乗り遅れたり、飛行機が飛ばずに帰るのが1日遅れたという場合は、費用が発生します。

なかなかないケースですが、そんな時もSIMカードは購入しているので、特に追加の費用は発生しません!

SIMカードが便利でお得!

比較した結果の通りSIMカードを利用した方が圧倒的に便利でお得です。もし複数人で旅行して、容量無制限のWi-Fiルーターを借りる!っていう場合以外は、SIMカードを利用することをおすすめします。

日本から事前にSIMカードが購入して使用する方法

SIMカードは現地で購入する方法と事前に日本で購入する方法があります。今回は日本からSIMカードを購入して使用する方法をご紹介します。

amazonで購入する

AISというタイの大手通信会社のSIMカードをネットで簡単に購入することが可能です。事前にamazonで購入しましょう。手元にSIMカードのセットが届くので、それを持って行くだけです。念の為届いたら中身の確認は行ってください。

機内でSIMカードを交換する

開封すると説明書とSIMカードが入っています。

SIMカードは切り取り線が複数あり、いろいろな大きさのSIMカードに対応しています。一般的にはnanoサイズなので、1番小さいサイズに切り取って下さい。

切り取ったSIMカードをスマホに入れると準備完了です。この時、交換した日本のSIMをなくさないように保管してください。

また、SIMカードを交換するために、ピンを持って行くのを忘れないようにしてください。

私はゼムクリップを愛用しています!あと、忘れた時に代用できるのがピアスです。ストレートになっているタイプのピアスだと使用できます。

空港に到着したら、機内モードを解除する

タイの空港に到着したら、機内モードを解除してください。これで早速、タイでスマホを使用できます!

SIMカードAISの使用レビュー

AISのSIMカードを、5日間タイで使用しました。バンコクとチェンマイと郊外で使用しました。さすがに、プラヤナコーン洞窟では電波はありませんでしたが、他の場所ではサクサク使用することができました。

また最終日はテザリングをしながら、4人で使用することもありましたが、3GBで容量を超過することなく、最後まで使用できました。

少しでも荷物を軽くしたい旅行なので、ルーターを持ち歩かずにスマホを使用できるのは本当に便利でした。

また今回飛行機に乗り遅れてしまったので、調べたり電話をかけたり、対応が必要になったので、もしSIMカードを持って行っていなかったらどうなっていたのか恐ろしいです…。

SIMカードを利用する時の注意点

スマホはSIMフリーのものでないと、使用できません。大手キャリアのスマホを使用されている方は、事前に自分のスマホがSIMフリーかどうか確認して、もしSIMフリーでない場合は解除の作業をするようにしてください。

まとめ

現地で購入する方法もありますが、金額が安いので日本で購入していって損はありません。空港でSIMカードを購入するという面倒な作業もなく、飛行機から降りたその瞬間からスマホを使うことができます。

もし長期でタイを旅行する方は、現地で購入した方がいいと思いますが、1週間程度の旅行でしたら、事前に日本から購入することをおすすめします。

私はSIMカードを1枚購入しましたが、2枚セットのものもあり、お得に購入できるので、もし誰かと一緒に行く人は一緒に買うとよりお得です。

SIMカードを事前に購入して、ストレスなくタイを楽しんでください!!

こちらの記事もおすすめ!