生活

ドイツで住民登録(Anmeldung)する方法と予約方法

プレンツラウアーベルク

ベルリンに来て2ヶ月経過して、ようやく住民登録(Anmeldung)が完了しました!!

ドイツ・ベルリンでの住民登録の予約方法、書類の書き方、当日の流れについてご紹介します。

ぶっちゃけドイツでワーホリビザで暮らすだけだと、住民登録しなくても、なんとかなりますが、ちょっと必要に迫られたのと、新しく借りたお部屋が住民登録可だったの、住民登録してみることにしました!

ドイツの住民登録(Anmeldung)って何?

AnmeldungとはAnmeldung einer Wohnungの略称です。Anmeldungは直訳すると登録という意味です。Anmeldung einer Wohnungはドイツに住む人がここに住みますという申請を行って、登録をするものなので日本語では住民登録と呼びます。Anmeldungだけだとドイツの人に通じないこともあるので、通じない場合はAnmeldung einer Wohnungと言えば通じます。

ドイツに滞在している時に、住民登録(Anmeldung)をしなかった場合は、いわゆる住所不定ってことになります。ただし、ドイツのワーキングホリデービザを日本で取得してきた場合、状況によっては住民登録をしなくても生活することができます。

また住民登録(Anmeldung)はどこの物件でもできるわけではありません。住民登録(Anmeldung)が必要な方は、部屋探しをするときに住民登録(Anmeldung)できるかどうかも含めて部屋を探すようにしてください。

ドイツで住民登録(Anmeldung)しないとできないこと

ドイツに住む際に住民登録(Anmeldung)をしないとできないことがあります。

  • ビザの申請ができない
  • 働くことができない
  • 市民学校(フォルクスホッホシューレ/Volkshochschule)を利用できない
  • ドイツの運転免許証に切り替えができない
  • 銀行口座の開設(N26ならできる)
  • 携帯電話の契約(ALDI TALKはできる)  などなど

ビザの申請ができない・仕事ができない

特に重要なのが、ビザの申請ができないのと仕事ができないというところです。ドイツでフリーランスビザやアーティストビザ、就労ビザを取得するためには、住民登録(Anmeldung)が必要です。

また、日本でドイツのワーホリビザを申請してきている人は、ビザの申請は必要ありませんが、ドイツで就労先を探して働くためには、住民登録(Anmeldung)が必要です。場合によっては、違法ですが、住民登録(Anmeldung)していなくても働けるお店もありますが、おすすめしません。

市民学校(フォルクスホッホシューレ/Volkshochschule)を利用できない

ドイツの語学学校には市民学校(フォルクスホッホシューレ/Volkshochschule)というものがあります。市民学校は安い値段で通うことができる語学学校ですが、ベルリンの場合は、語学学校の数が多くて、価格競争が激しいので、私立の語学学校でも安くていい学校がたくさんあるので、そこまで気にしなくてもいいです。

私も市民学校には通っていませんが、今の語学学校に満足しています。

ドイツの運転免許証に切り替えができない

ドイツでは国際運転免許証が対象外です。国際運転免許証と日本の免許証を携帯していれば、ドイツに入国してから6ヶ月は運転が可能ですが、それ以降の期間はドイツ国内で運転ができなくなります。

ドイツに長期滞在する場合は、ドイツの免許に切り替える必要があります。日本の免許からドイツの免許に切り替えるためには、住民登録(Anmeldung)が必要です。

私はドイツにワーホリで滞在する期間内はドイツで運転ができるようにしておきたいと思ったので、住民登録(Anmeldung)が必要になりました。

銀行口座と携帯電話を契約できない

銀行口座と携帯電話については、利用できないものもありますが、住民登録(Anmeldung)していなくても、利用できるものがあるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

他にも住民登録(Anmeldung)しておかないとダメなことがあるので、基本的に長期間ドイツに滞在する方は住民登録(Anmeldung)をできる物件を見つけるようにしましょう!

住民登録(Anmeldung)は14日以内にしないとダメ?

ドイツでは住民登録(Anmeldung)を14日以内にするように言われています。私もワーホリビザを受け取った時に、ドイツの領事館でドイツに入国したら、14日以内に住民登録(Anmeldung)をするように言われました。

結論から言うと、住民登録(Anmeldung)は14日以内にしなくても大丈夫です。

実際、私が住民登録(Anmeldung)をしたのは、ドイツに滞在して2ヶ月後です。上であげた住民登録(Anmeldung)しないとできないことをするためには、住民登録が必要ですが、逆に言えばそれをしない場合は、住民登録しなくても問題ありません。

私の友人はワーホリビザで1年間ドイツに滞在している期間1度も住民登録をしなかった人もいます。ワーホリビザで滞在していて、他のビザに切り替える場合は、住民登録が必要ですが、そうじゃなかったら、実は住民登録しなくても大丈夫です。

ドイツは慢性的に部屋不足で、住民登録できない部屋も多いです。そのため、住民登録できない期間があってもお役所側もそこまで気にしません。なので、14日以内に住民登録しなきゃ!!!って焦らなくても大丈夫なので、落ち着いてください。

ベルリンでの住民登録(Anmeldung)の予約方法

ベルリンで住民登録(Anmeldung)をするには、役所に必要書類を提出する必要があります。この方法は2つあります。

  • 当日窓口に行って、番号を発券してもらう
  • 事前に予約して、時間に行く

事前に予約していくのが、わかりやすいので、事前に予約することをおすすめします。

住民登録(Anmeldung)を予約方法

ベルリンのオフィシャルサイトに住民登録できる場所と必要書類、予約フォームがあります。

まずは、サイトから予約を行います。

ページの下の方にZuständige Behördenと書かれています。ここに住民登録できる役所が一覧で表示されています。

各役所の隣に表示されているTermin buchenをクリックするとその役所の予約日程が表示されて、予約が可能になります。ただし、住民登録の予約は混みあっているいるので、予約できないことも多いです。

ベルリンにある全ての役所を一括して、チェックする場合は、上にあるTermin berlinweit suchen und buchenをクリックしてください。

カレンダーが表示されます。色の付いている場所が、現在予約できる期間ですが、赤色は予約がいっぱいです。選択できるのは、青色のみです。

こんな感じで、はるか先まで予約が埋まっていてなかなか住民登録(Anmeldung)できひんやないか!ってなるんです。

予約できる日にちを選択すると、時間と予約できる役所が表示されます。都合のいい時間と場所を選択してクリックしてください。

この時点で予約が確保されます。焦らずに必要事項を入力します。

氏名、メールアドレス・電話番号を入力します。

Anmerkungは注釈なので、特記事項がある場合のみ記入します。基本は記載不要です。

メールアドレスも任意ですが、登録しておくと、予約確認のメールが届くので、入力しておきましょう。

Möchten Sie die Arbeit des Bürgeramtes Helle Mitte bewerten?は役所の仕事を評価するかなので、どちらを選択しても大丈夫です。

注意事項を読んで、チェック欄にチェックを入れて、日程や入力欄に間違いがなければ、青色のTermin eintragenをクリックします。もし、この時点で予約を中止する場合は、赤色のAbbrechenをクリックすればキャンセルできます。

これで予約が完了します。時間・場所・予約番号が表示されるので、記録しておいてください。予約番号で当日呼び出されるので、必ず必要です。

メールアドレスを登録しておくと、この時に、同時にメールに同じ内容が届きます。メールは迷惑ボックスに入ってしまうこともあるので、もし届いていない人は迷惑ボックスを確認してみてください。私は迷惑ボックスに入っていました。

住民登録(Anmeldung)の予約をするコツ

住民登録(Anmeldung)の予約は1ヶ月以上先まで埋まっていることも多いです。ただし、方法を知っていれば、簡単に直近の日程で予約が可能です。

住民登録(Anmeldung)行ける日の当日の朝に確認する

方法はとっても簡単、当日の朝に確認しましょう!私は当日の朝8時頃に確認すると複数の場所で予約が空いていて、1番最寄の役所の予約をとることができました。

また予約をキャンセルする人もいるので、定期的にチェックしていると予約が空くこともあります。ただ、朝以外の時間帯に予約が空くときは、高確率で利便性の悪い場所だったので、ちょっと行くのが面倒です。できる限り行ける日の朝にチェックして予約してみてください。

住民登録(Anmeldung)の予約キャンセル方法

住民登録の予約は簡単にキャンセルができるので、とりあえず空いてる日程で予約しても問題ありません。他にもっといい日程で予約ができたら、キャンセルしましょう。

住民登録の予約キャンセルは、ホームページからできます。

Terminvereinbarungにカーソルを合わせるとTermin ändernと表示されるので、それをクリックするか、Terminvereinbarungをクリックして、ページ内にあるTermin ändern oder absagenをクリックしてください。

キャンセルには予約番号とコードが必要です。いずれもメールで届いているので、メールを確認して、入力してください。

最終確認をして、キャンセルできます。キャンセルすることで、他の人が予約できるようになるので、必ず不要な予約はキャンセルするようにしましょう。

住民登録(Anmeldung)に必要な書類

予約と同時に準備が必要なのが、必要書類です。

入居確認書類は家主に記入してもらう必要があります。内容を確認して、準備してもらいましょう。私は何も言わなくても、家主が準備していてくれたので、内容を確認して、サインをしました。

Anmeldung bei der Meldebehödeは自分で記入します。印刷するか、当日窓口でもらって記入します。ホームページに載っているものと、当日窓口でもらったものは、フォーマットが異なりましたが、記入する内容はほとんど同じです。

申請書(Anmeldung bei der Meldebehöde)の記入方法

フォーマットをダウンロードして記入してください。

赤枠内を記入していきます。

印刷したものに、記入するかPDFに入力したものを印刷するかいずれかです。

プリンターを持っていなくて、印刷したい場合は街中にプリントを出来る場所があるので、探して印刷しましょう。印刷するの面倒くさいって人は、予約時間より早めに行って、窓口で書類をもらって記入すれば、印刷するお金もかかりません。

住民登録(Anmeldung)当日の流れ

私が利用したのは、プレンツラウアーベルクの役所です。当日に予約がとれて、ルームメイト兼大家さんに予約とれたし、書類印刷したいねんけどーって相談したら、一緒に行くよ!って言ってくれたので、迷うことなく行けましたが、初見で行くとどの建物かわかりにくいので、気をつけてください。

建物内に入ると何か所か待つスペースがあって、みんな椅子に座って、自分の順番を待っています。

予約番号はモニターに表示されるので、それまで大人しく待ちます。

私は予約していた時間の10分程後に番号が表示されたので、表示された部屋に向かいます。

自分の順番が来るまでは、本当にこの場所で合ってるのかな?ってドキドキでした。

部屋に入って、表示された番号の担当者に書類を提出します。私は大家さんが一緒だったので、あなたが家主?って感じで始まってとってもスムーズでした。

担当のお姉さんも優しくて、質問は英語でしてくれたのと、聞き取れなかった時は、ゆっくり言ってくれました!

アンペルマンのピアスが可愛いお姉さんありがとうございました!

住民登録する前は、日本にいたのか聞かれて、出生地と出生国が間違いないかと子供がいるか、ドアのベルに自分の名前が書かれているかを質問されました。ほとんど書類の確認なので、難しい質問はありません。

用意していた申請書の内容を入力したものを、印刷して、間違いないか確認して、サインをしたら、控えを渡されて、手続き完了です。

まとめ

ドイツのお役所での手続きってことで、ドキドキしていましたが、スムーズに終了しました。ベルリンは手続きする人も多いので、担当者も慣れているんだと思います。また愛想が悪いとか、ドイツ語しか喋ってくれないとかいろんな話を聞きますが、優しかったです。これは担当者によるので、運です!

ドイツに住んでる以上、ドイツ語が話せないのはこちらの問題なんで、なんとも言えないですが、とりあえずいい担当者に当たることを祈るのみです。

基本的には、書類さえきちんと準備していれば何の問題もありません。

初めて、ドイツで住民登録をする方は不安なことも多いと思いますが、意外となんとかなるので、頑張ってください!!

こちらの記事もおすすめ!