生活

何度も使えて、楽な生理用品「月経カップ」の使用・管理方法

月経カップ

月経カップという生理用品をご存じでしょうか?

私もつい最近までは知りませんでしたが、ドイツに来てから使い始めました。日本では、生理用品はナプキンやタンポンが主流ですが、欧米では月経カップは当たり前のように使用されています。ドラッグストアにも必ず数種類置かれているほど、身近な商品です。

今回は、何度も使用できて、快適な『月経カップ』についてご紹介します。

月経カップとは

『月経カップ』はナプキン・タンポンに替わる生理用品です。生理カップと呼ばれることもあります。名前の通りカップになっていて、タンポンと同じように、膣の中に入れることで、カップの部分が経血を受けてくれます。

月経カップは医療用のシリコンでできているカップで、洗って消毒するなどすることで、繰り返し使用することができます。

また月経カップはナプキンを使用している時のかぶれや臭いがなく、タンポンのようにトキシック症候群(急に発症する日伝染性の全身性疾患)を引き起こすリスクが低い商品です。

日本ではなじみのない月経カップはあまり知られていませんが、たくさんのメリットがあります。

私が初めて月経カップを知ったのは、海外ドラマ『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』で、主人公の1人ジェーンが月経カップを作る会社の社長に取材したのを見たのが初めてです。その時に、月経カップってなんだろう?と思って、調べてみたものの、身近ではなかったので、その時は特に使用しませんでした。

ドイツに来た時に当たり前のように、ドラッグストアで売られているのを見て使ってみることにしました!

月経カップの使用方法

月経カップを消毒する

月経カップは毎月使い始める時と使い終わった後に消毒します。ミルトンなどの消毒液につけ置きして、消毒するもしくは煮沸消毒を行います。

私は、沸騰したお湯で3~5分煮沸消毒を行っています。電子レンジがある場合は、月経カップ用のコップを用意して、お湯と月経カップを入れて5分程チンするのが簡単な利用方法です。

月経カップを入れる前に手を洗う

月経カップを消毒したら、次に手を綺麗に洗います。膣内まで月経カップを押し込むために、指を入れることになるので、必ず石鹸を使って手を洗います。

月経カップの折りたたみ方

準備ができたら、月経カップを挿入します。月経カップは複数の折りたたみ方があるので、挿入しやすい方法を確認してみてください。

こちらの動画は月経カップの折りたたみ方を9種類紹介されています。月経カップを使用して、説明されているのでとてもわかりやすくイメージが付きやすいです。

私は、2つ目に紹介されている『C-FOLD』という折り方をしています。月経カップをぺこりと半分に折りたたむ方法なので、とても簡単です。

人によって使いやすい折りたたみ方が異なるので、自分に合った折りたたみ方を見つけてください。

月経カップを挿入する

月経カップの折りたたみ方を学んだところで、月経カップを挿入します。

月経カップを折りたたんだまま奥まで挿入します。奥まで入れた後に軽く引いてカップを開きます。引いてみて抵抗があれば、きちんと膣内に月経カップが収まっています。

月経カップを挿入するときの態勢はいくつかあります。スクワットのように膝を軽く曲げて足を開いたり、便座か軽くお尻を浮かしたり、便座に片足を上げる方法など様々です。

私は軽くお尻を浮かす方法で挿入しています。タンポンを使用したことがある方は比較的挿入しやすいと思います。もし、タンポンを使用したことがない人は、月経カップを挿入する方が難しいので、先にタンポンを試してみた方がいいかもしれません。

月経カップを挿入した後は、必ずうまく広がっているか確認してください。最初は折りたたまれた状態になっていて、漏れたりすることもあります。しっかりと中で広がっていれば、月経カップがきちんと経血を受け止めてくれます。

月経カップを取り出す

まず膣内に力を入れて、月経カップを指で触れる位置まで押し出します。トイレでいきむ感覚に近いです。月経カップが指で触れることのできる位置まで来たら、月経カップの側面を指で押して、へこませてから引っ張りだします。

月経カップは最初は入れるより取り出す方が難しいですが、慣れればスムーズにできます。無理やり引っ張りだすと子宮に負担がかかることがあるので、必ず、側面を指で押してへこませてください。

月経カップを洗って再度使用する

取り出した月経カップは経血をトイレに流して、石鹸で洗って再度使用します。石鹸で洗った後は、トイレットペーパーなどで水気を拭き取ってから再度装着してください。

もし外出していて、石鹸で洗うことが難しい場合は除菌のウエットティッシュで綺麗に拭いてください。石鹸で洗わずに使用したくない場合は、複数の月経カップを使いまわす方法もあります。綺麗な月経カップを外出時に持って行けば、外で洗うことなく、使用できます。

生理の期間が落ち着くまでは、石鹸で綺麗に洗って再度使用することになります。きちんとした煮沸消毒は初回のみで大丈夫です。

月経カップの保管方法

使い終わった月経カップは石鹸で綺麗に洗って、乾かした後に、袋に入れて通気性のいい場所で保管します。この時に再度消毒してから保管してもいいですが、私は使う前に、消毒するのでしていません。

月経カップは袋付きで売られていることがほとんどなので、専用の袋に入れて保管します。

月経カップの種類と選び方

月経カップの種類

月経カップは底の持ち手の部分がリングやステムという形状があります。リングの方が取り出しやすいと言われていますが、ステムでも問題なく取り出すことができます。

次に、大きさによってサイズが異なります。SMLの3種類展開が多いです。

月経カップの選び方

出産経験のある経産婦の方は大きいサイズを選んでください。(MもしくはL)
出産経験のない方は小さいサイズを選んでください。(S)

持ち手の部分はステムでもリングでもどちらでも結構です。ステムは取り出し部分が棒状になっているのですが、ここが凸凹していてある程度長さがあるものが、持ちやすく取り出しやすいです。

サイズによって、受けることができる経血の量が異なるので、量の多い時期は様子を見て、血を捨てる必要があります。基本的には12時間まで装着できますが、多い時期は様子を見てください。

日本で月経カップを使用する場合は、まだ一般的ではなく輸入品になるので、金額が高くなってしまいます。でもずっと使えるものなので、すぐに元を取ることができるので、ぜひ日本にお住まいの方も試してみてください。

created by Rinker
メルーナジャパン
¥3,960 (2020/04/05 03:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

ドイツなどの欧米では、ドラッグストアで簡単に購入することができます。私はロスマンのプライベートブランドのものを現在使用しています。ドイツでは1000円くらいで購入することができるので、気軽に試すことができます。

月経カップのメリット・デメリット

メリット

  • 何度も使えてエコで経済的
  • 生理中の嫌な感覚がない
  • 運動もストレスがない
  • 臭いがない

デメリット

  • 洗って管理する必要がある
  • 慣れるまでは使いづらい
  • 爪が長い人は使えない

月経カップを使用してみたところ生理中でも快適に過ごせています。挿入と取り出すときは、慣れるまで少し難しいですが、使用している時は全く気になりません。経血が漏れる感覚もないですし、匂いも気になりません。運動をしてもストレスなく過ごせます。

ジェルネイルなど爪を綺麗に伸ばしている人には向かないかもしれませんが、総合的に見るととても快適で、おすすめです!!

ナプキンやパンティライナーを併用する

月経カップを使用する際は、基本的にナプキンは使用しませんが、少し血が出ることもあるので、パンティライナーとの併用がおすすめです。

経血の量が多く、夜心配な方はナプキンと月経カップを一緒に使ってください。

月経カップは経血の量が少なくなってくると、挿入するのが難しいこともあります。経血が少ないときは、ナプキンを使用するなど体に合わせて調整してください。

生理は長さや経血の量など人によって個人差があるので、自分に合ったものを使用することが大切です。

私は『natracare』というパンティライナーを使用しています。オーガニックコットンを使用しているイギリス製で、肌触りが良くて快適です。日本からは並行輸入品で高額になってしまいますが、購入できます。

まとめ

使用するまでは、大丈夫か少し心配でしたが、月経カップはすごく快適です。定期的にナプキンを購入する必要もありませんし、旅行の際にたくさんのナプキンを持って行かなくてもいいのも便利です。

付けている時も、ほとんど気にならないので、生理なのを忘れるくらい快適です。

もちろん体の中に入れるので、消毒など管理は必要ですが、きちんと使用方法を守れば生理中でも快適に過ごすことができます。慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、ぜひ月経カップを試してみてください。

こちらの記事もおすすめ!